読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AkeomeStudio

開発の忘備録、日常の雑記など

読書感想「シンプルに考える」

書評

LINE株式会社の元社長、森川亮さんの「シンプルに考える」を読みました。

 

本の内容もタイトル通り非常にシンプルにまとまっており、サラッと読了できました。

 

 

シンプルに、本質だけを追求する、ということ

この本の書き出しはこうです。

会社にとっていちばん大切なことは何か?

・・・

僕の答えはシンプルです。

ヒット商品をつくり続けること。これしかありません。

 

ヒット商品をつくり続けるために、ユーザーのことだけを考える。

ユーザーのことだけを考え、それを形にできる社員だけを集める。

ユーザーのためにならない不要なことはすべて捨てる。

 

 

この本の主旨はこれだけです。

本当にシンプルです。

 

常識を常識として取り入れず、そもそもそれはなぜなのか?を徹底的に考え、そして本当に必要なことだけを実践してきた結果、世界で億を超えるユーザーに利用される「LINE」が生まれたということです。

 

シンプルに本質だけを取り入れるということは、裏を返せば不要なものは容赦なく切り捨てるということ。

例えば「成功」「ビジョン」「計画」「情報共有」「ライバルとの差別化」…

これらはすべてユーザーのためか?という点に置いて本質ではないため、不要としています。

 

 

   

***

 

 

著者の森川氏はLINEという大成功を収めながら2015年3月に社長を退任、4月からC Channel株式会社を設立し、新しいメディアをつくり上げている最中です。

最終章でも、「人生は結局のところ『やるかやらないか』がすべて」「悩んでいないで、とにかく全力でやってみるしかない」とあります。

 

シンプルです。

 

 

 

 

シンプルに考える

シンプルに考える